”さくらんぼ”が実をつけるために大切な事

さくらんぼのお花は、4月末からゴールデンウィークまでが見頃。
お花見ができるぐらいキレイ♪

そしてこの時期、さくらんぼが実をつけるためにとっても重要なお仕事があります。

さくらんぼのお花には、雌しべと雄しべがあり、花粉が雌しべに付くことで実が生ります。
花の中央にある緑色の部分が雌しべです。

しかし!みんなが大好きな【佐藤錦】は、自分の花粉では受粉が出来ない品種!
 別の品種の花粉をつけてあげないと、【佐藤錦】は実をつけることができないのです。
 
ドールランドのさくらんぼは数が多く、
自然の風やハチミツさんだけでは全ての花粉をつけるのは難しいため、
スタッフ総出で花粉をつける作業をしています。
大きなモップのような道具を使って、お花からお花へ花粉をポンポンとつけていきます。

そして10日から2週間後には・・・緑色のさくらんぼの実が!!

今年は6月17日頃がさくらんぼ狩り開園予定です!
今年もたくさんの赤い宝石が実りますように★